ピアニスト/コンポーザー

TAKATSUGU MURAMATSU

メニュー

MEDIA

映画「ある天文学者の恋文」パンフレットにインタビュー掲載。

9月22日公開の映画「ある天文学者の恋文」。

音楽を担当するのは、エンニオ・モリコーネ氏。

僭越ながら、音楽についてお話しさせていただきました。

劇場にて販売されるパンフレット上にインタビュー内容が掲載されます。

劇場でお手に取っていただければ嬉しいです。

素敵な映画です。皆様もぜひご覧ください!

映画「ある天文学者の恋文」公式サイト

 

 

萬福寺音舞台 10月9日(日)深夜0時30分 MBS・TBS系にて放送です

9月3日に京都萬福寺で開催された第28回音舞台「萬福寺音舞台」。

萬福寺を事前に訪れ、「隠元禅師へのオマージュ~萬福寺音舞台のテーマ」を作曲、

披露いたしました。ピアノ演奏でも参加しています。

その模様が10月9日(日)深夜0時30分~1時24分、MBS・TBS系全国ネットで放送になりますので、是非ご覧ください!

下記公式サイトにて、当日の写真が公開となりましたので合わせてお楽しみください!

萬福寺音舞台 公式サイト

京都~悠久の時を超えて(BS朝日『京都ぶらり歴史探訪』テーマ曲)4月29日配信開始!

4月26日より放送開始した新番組、BS朝日『京都ぶらり歴史探訪』のテーマ曲、

「京都~悠久の時を超えて」を4月29日より順次配信サイトにてリリース開始!

リングトーンもご活用ください!

itunes

amazon.co.jp     他、順次各配信サイトにて配信開始。

10月放送開始! WOWOW開局25周年記念 連続ドラマW『コールドケース~真実の扉』の音楽を担当します。

WOWOW開局25周年記念 連続ドラマW『コールドケース~真実の扉』

WOWOWがハリウッドメジャーのワーナー・ブラザースとタッグを組み、
全世界で大人気を博した「コールドケース」を、米国外初のドラマ化!

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)は、WOWOW開局25周年記念企画として、新たにワーナー・ブラザース・テレビジョン製作の人気ドラマ「コールドケース」の日本版を全10話で制作することを決定。本作は、2016年10月より、WOWOWのオリジナルドラマ枠「連続ドラマW」で放送予定。日本版タイトルは「コールドケース ~真実の扉~」に決定。

「コールドケース」は、2003年から2010年まで、全7シーズンにわたってアメリカ合衆国のCBSで放送されていた刑事ドラマシリーズ。製作総指揮のひとりは、ドラマ「CSI:科学捜査班」シリーズや、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどを手掛けたジェリー・ブラッカイマー。ペンシルベニア州のフィラデルフィアを舞台に、未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を解決する捜査チームを描く。未解決事件が起きた当時のヒット曲を劇中で使用する演出手法が視聴者から高い支持を得て、本国アメリカでは全シリーズの平均視聴者数が1000万人を超える大ヒット作。さらには全世界で放送、配信され世界中の人々に愛されたドラマシリーズである。

本作がアメリカ国外で制作されるのはこれが世界初。WOWOWがハリウッドメジャースタジオ、ワーナー・ブラザースから「コールドケース」のフォーマット権を獲得※1したことにより、本企画が実現した。ワーナー・ブラザース作品のドラマを日本版として制作するのも本作が初である。オリジナル版ではフィラデルフィアが舞台だったが、本作では舞台を神奈川に移し、主人公の刑事とそのチームのメンバーが、毎話異なる未解決事件の真相をたどり、事件を解決してゆく。

全10話のメガホンを取るのは、大ヒット「SP」シリーズを手掛けた、ダイナミックさと繊細さを併せ持つ演出に定評のある波多野貴文監督。脚本は、映画『64-ロクヨン-前編/後編』や第61回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した『ヘヴンズ ストーリー』の監督である瀬々敬久、その他、新進気鋭の映画監督の吉田康弘、さまざまな舞台を手掛け多岐にわたる活躍を見せる演出家・蓬莱竜太、『ハゲタカ』を手掛けた名匠・林宏司が名を連ねる。

さらに、全編4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)で制作するに当たり、7月公開の『シン・ゴジラ』(脚本・編集・総監督 庵野秀明 )を手掛けた撮影監督・山田康介を起用。カメラは『ゴーン・ガール』のデヴィッド・フィンチャーをはじめ、世界のフィルムメーカーが絶賛するRED Digital Cinema社最新の機種WEAPONを使用。テレビドラマではもちろん日本初投入であり、史上空前の画質で迫るハイクオリティーな作品を完成させる予定だ。また、古い時代の回想シーンをフィルムで撮影。スーパー16mmフィルムで撮り下ろし、これをデジタル処理し4K・HDR制作を行なうのも日本初である。最新技術とフィルムの併用で、本作の醍醐味である過去と現在をつなぐ世界観を圧倒的な映像美で表現する。WOWOWがオリジナルドラマを4K・HDRで制作するのは、2015年10月から放送された「連続ドラマW 海に降る」に次いで2作目となる。

※1
本作は、WOWOWがワーナー・ブラザースから「コールドケース」のフォーマット権を獲得し、日本版として制作。オリジナル版のコンセプト、設定、登場人物、ストーリー、などの番組フォーマットをもとに、舞台を神奈川に移し、日本のキャストが演じる。

『コールドケース~真実の扉~』オフィシャルサイト

Yahoo!ニュース

 

 

 

 

 

BS朝日新番組「京都ぶらり歴史探訪」テーマ曲を担当。

4月12日から放送をスタートするBS朝日の新番組「京都ぶらり歴史探訪」のテーマ曲を
書き下ろしました。
曲タイトルは「京都-悠久の時を超えて」。
オープニングとエンディングに使用されます。

番組概要:歌舞伎俳優・中村橋之助が、悠久の時を重ねてきた京都の魅力ある場所を訪ね、
     そこに秘められた、時代背景や、由緒、人物、伝説などを知り、
     はるかな歴史を感じていく知的エンタテインメント

4月12日(火)放送スタート!
「スタート2時間スペシャル 祇園・清水寺 始まりの物語」
4月12日(火)よる9:00 ~ 10:54 放送

是非ご覧ください!

番組公式HPはこちらから。

4月5日(火)26時放送 TBSテレビ『アカデミーナイト「G」』で映画「64」について紹介予定です。

TBSテレビ『アカデミーナイト「G」』(関東ローカル)番組内にて
映画「64」が取り上げられる予定です。
是非ご覧ください!

番組名:「アカデミーナイトG」
アカデミーナイト「G」公式サイト
放送日時:4月5日(火)26:00~26:40

2月28日(日)深夜0時50分~『Dear Piano Friends. 親愛なるピアノ仲間たちへ~ならピ♪#4』 放送予定

22016年1月31日(土)に出演した「ならピ♪」のコンサートの模様が
2016年2月28日(日)深夜0時50分よりMBSにて放送される予定です。
*いのちの歌(ソロ)
*即興演奏2曲
*笑顔こそ最高のジュエリー(ソロ)
*天使のくれた奇跡(ピアノコンチェルトバージョン)
(村松崇継編曲によるオーケストラととピアノのための「天使のくれた奇跡」初披露です!)
*思い出のマーニーメドレー(オーケストラとピアノ)
*彼方の光(サラ・オレインさんヴォーカルによる、村松崇継によるオーケストラ編曲版)
(こちらも初披露でした!)
以上の演目の中から放送される予定です。関西エリアの方、お楽しみに!
「ならピ♪」公式サイト

TBSテレビ系列「歌王2016~今夜決定!奇跡の歌声グランプリ」に審査員として出演します

本日、1月5日よる9時からTBS系全国生放送の「歌王2016~今夜決定!奇跡の歌声グランプリ」に出演します。
この番組は、毎週土曜日深夜1時53分から放送の「Sing!Sing!Sing!」の3rdシーズン決勝大会となります。
“自分の歌声で感動させたい人”“歌に自信がある人”“歌手になりたい人”“テレビを観ている大勢の人の前で歌ってみたい人”を対象にした、ソロボーカリストコンテストの模様を伝える番組です。

是非、ご覧ください。

「歌王2016~今夜決定!奇跡の歌声グランプリ」の公式サイトはこちら→http://www.tbs.co.jp/utaou2016/

「BS日テレ−おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」のテーマ曲が配信開始!

「BS日テレ−おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」のテーマ曲「NO CAR, NO LIFE〜愛車遍歴のテーマ〜」が配信されました。

各界の著名人がこれまで乗ってきた車をもとに人生を語る番組です。また、番組としてもATP賞テレビグランプリ情報バラエティー部門奨励賞を受賞しています。

iTunesはこちら→https://itunes.apple.com/jp/album/no-car-no-life!-ai-che-bian/id1061857941
Mora.jpはこちら→http://mora.jp/package/43000037/HISN-05140/

おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!のオフィシャルサイトはこちら→http://www.bs4.jp/aisya_henreki/

「テレビで中国語」エンディングテーマ曲情報

NHK Eテレ
「テレビで中国語」のエンディングテーマ曲としてチェン ミンさんによる「いのちの歌」カバーが起用されています!是非、御覧になってください!

NHK Eテレ
テレビで中国語
放送:火曜日 午後11:00〜11:25
再放送:翌週 水曜日 午前5:30〜5:55

このページのTOPへ