TAKATSUGU MURAMATSU

Biography

Takatsugu Muramatsu

1978年生まれ、静岡県出身。高校在学中にオリジナルのピアノ・ソロ・アルバムでデビュー。国立音楽大学作曲学科卒業。作曲家としても早くからその才能が注目され、大学4年在学中の2001年に映画『狗神』、2002年には映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』、2004年 NHK連続テレビ小説「天花」の音楽をNHK歴代最年少で担当する。作曲家として、これまでに50を超える映画、TVドラマ、舞台、ミュージカル等の音楽を手掛ける。主な作品は、2008年 映画『クライマーズ・ハイ』、映画『誰も守ってくれない』(第32回モントリオール世界映画祭・最優秀脚本賞受賞)、2014年 スタジオジブリ映画『思い出のマーニー』、2016年 映画『64-ロクヨン- 前編』(第40回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞、2017年 映画『夜明け告げるルーのうた』(アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門クリスタル賞受賞)、2018年 スタジオポノック初の長編映画『メアリと魔女の花』、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(第41回 日本アカデミー賞 優秀音楽賞受賞 ※2年連続受賞)、等多数。また、ピアニストとしても2018年9月に Billboard Live TOKYOにて3度目となる単独公演を開催。国内外の様々なジャンルのアーティストへ楽曲提供も行い、音楽プロデューサーとしても活躍中。

MORE